0304

f:id:lifexme:20170304092544j:image

 

 

 

 またひとつ経験した。

外の世界に飛び出してみた。

うーん。

 

 

今の感想は。

楽しかった。

でも、あそこで帰れば良かったかも。

けど、帰らなかったからこそ分かった。

今まで選んで来た人は

私の言う事を聞いてくれる人、

私の方が強くいける人だったこと。

 

 

 

 

 

自分のことどう思ってるかも

たくさん浮かんできた。

 

私の話つまらないんだろうな、

普通ならもっと話が弾むんだろうな、

あー何を話せばいいんだろう、

私、色んな記憶捨ててきてるから

話が続かないな。

覚えてないから話が広がらないや。

どうしよう。

ご飯、こんなに食べれないや。

お酒、飲むタイミングが分からない。

うーん、お酒美味しい、のかな?

朝飲んだ抹茶ラテがすきだなぁ、私。

 

 

私は一緒にいてご飯食べてるだけで

楽しいけど、相手はどうなんだろう。

たくさん話してくれてるけど

どうやって返せば正解なのかな。

どうしたら相手も楽しいのかな。

 

 

私はどれだけ遅れているの。

あーやだな。

自分の世界が狭いのがバレる。

つまんないやつだって思われるな。

 

趣味もなくて得意なことないし

寝るだけってつまんなくね?って。

 

あーやだな。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

0217

私はいつもいつも誰かに

『私という人間を受け入れてもらえるか』

を確認しながら生きている。

 

 

人と同じようにできない自分、

変わってると思う部分をいつも恐る恐る、

誰かの視線という自分の視線に

縛られながら生きている。

 

 

皆と同じようにできない。
制服を着ていたくない。
事務所で静かにしていたくない。
寒いから事務所に籠る。
皆と揃ったことしたくない。できない。
だって、嫌なの。
制服汚れてるから。
窮屈だから脱ぎたいの。
お菓子食べたいの。
好きな時間に携帯触りたい。
じっとしてたくないし指図されたくない。
私のペースでタイミングで動きたいの。

 

 

そんな自分が駄目だと思ってる、
仕事に務めるなら…27歳なんだから…
皆できてるんだから…
私だけ自由すぎるよね、流石に…

 

ほら、私だいぶ自由にしてますよ、

みんな、見てますか?

1人だけ違うことしてます。

言う事聞けませんよ?

約束、決まり、守ってないですよ?

ほら、叱らなくていいんですか?

怒ってますよね、イライラしてますよね?

ほら、溜息。ほら、眉間のシワ。

ほら、椅子をばんってやってる。

私に怒ってるんですよね?

 

 

 

何も言われない方が辛いのです。

叱るなり注意してください。

受け入れてもらえるのか知りたいです。

怒られることで、叱られることで

私のこと見てくれますよね。

構って欲しいのです。

反応が欲しいのです。

私を見て欲しいのです。

 

静かにできないんじゃなくて、

寂しいから喋りたいのです。

 

私、ここにいます。

私、貴方の笑う顔が見たいです。

私、触れていたいです。

私、安心したいです。

 

 

 

私、嫌な思いしてでも確認します。

私、必死なんです。

 

待ってるんです。

迎えにきてくれるのを。

 

 

抱き締めて欲しいのです。

大丈夫だよ、と。

 

 

 

 

0208

怒り、

それは抑えていたもの。

怒り、

時々来る腹が沸くほどの感情。

怒り、

思い通りにしたい気持ち。

怒り、

自己紹介。

怒り、

スッキリすること。

怒り、

勇気を出すこと。

怒り、

自分の感情に気がつくこと。

怒り、

疲れること。

怒り、

少し後悔すること。

怒り、

やっぱり言えて良かったこと。

怒り、

自分を大切にすること。

 

 

怒り、わたし。

怒り、あのひと。

 

 

頭で考えずに知らん間に口から出ていた。

後先考えずに伝えた。

 

冷静になると

もっと上手く伝えれたかもと思う。

だけど、あの時、あの私の大切な気持ち。

 

自分に優しく今日も1日。

0131

今の私はどんな時間が欲しいのだろう。

1人の時間?

睡眠への時間?

出掛ける時間?

 

…縛られない時間かな。

誰も縛っていないよ、

自分が自分を縛っているのよ。

 

ということは私の制限次第。

自由になりたいなら心をゆるく

難しく考えず許すこと?

 

 

 

今、制限も何も無いなら何を欲しい?

→仕事中疲れないイス(笑)

→家の中ならお布団カバーたち(笑)

→朝、凍らないための手袋(笑)

→部屋から家具を撤去(笑)

 

なんかね、昔みたいじゃないの。

小さいことなの。

でも、すっごく大事で。

 

 

 

 

0128

中学生の頃まで通っていた病院に

インフルエンザの検査に来まして

おじいちゃん先生なんだけど

変わってない。

淡々と、でも優しい声ですん。

 

鼻が痛かった。

あんなに痛かったっけ。

何年ぶりかの検査で驚く。

先生はこれ以上動かさないからねと。

なぜか安心した私。

教えてくれることで安心できる。

何があるか分からないから恐怖なんだよね。

 

0127

思わず歌ってしまった。
私が幼稚園で歌ったさんぽを
お母さんがだいすきだったことも思い出した。

 

辛かったはずの過去がどんどん
綺麗になってゆく。

 

私はいつだって愛に包まれていた。
あぁ、あの頃の私やあの頃の私に
教えてあげたい。

 

そして、もっと伝えてよかったこと、
もっと頼ってよかったこと、教えてあげたい。

 

 

2017年の私はのんびり幸せの中で生きていて
君の想像している未来にはなっていないけど
私の人生は
捨てたもんじゃないと言ってあげたい。

 

 

お父さんを探さなくて大丈夫よ。
私の名前を大事そうに呼んでくれる人が
もう現れるよ、私には分かる。

 

 

 

あぁ、しあわせだなぁ。

 

 

私の変態劇場に付き合ってくれた

過去の皆さん、本当にありがとう。

ぶわぁああって走馬灯のように

皆が浮かんで出てきた。

自然と口からありがとうが涙が出た。

交わって関わって今の私を作ってくれた

酷い役、嫌な役、引き受けてくれた皆

ありがとう、今の私はしあわせです。

 

 

熱はないし、えらいご飯食べてる私は

このために会社早退したんだね。

本当に愛に包まれてるよ。

 

かみさまもありがとう。

明日は新月

何しようかなぁ。

のんびりしようねぇ。

 

体と心を労り

力を抜いてのんびりと

笑っていこう。

0127

肩甲骨と背骨の交差するあたりが

痛くなりまする。

何年ぶりかのインフルエンザかしら?

明日の新月の前のやつかしら?

明日はお休みにしよう。寝るぞ。