読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

0407

 

愛さなくてはいけないふたつのこと

より抜粋

 

 

 

僕たちはみんなそれぞれ、
違うものを持っている。
他の人がもっているものを、
あなたはもっていないかもしれませんが、
あなたがもっているものを、
他の人はもっていません。

 

「あなたは、あなたという人間を認めてほしいと言っているの?見えないところでの努力は、あなたの人間性に対する評価だよね?だけど、働いている時点で、あなたはもう、認められているよ」
会社は給料を払う価値があると認めているから、働いてもらっているのです。

 

人を悪く言うのは、自分に自信がない証拠。
つまり、自分自身が自分を認めていないことになります。
さらに、「自分を認めてくれる人は味方、認めてくれない人は敵」という考え方はきっぱり辞めるべき。

 

大切なものは全部あなたのものではなく、
あなたが預かっているものや役割にすぎない。
「所有」という概念を消してしまえば、
「財産やら大切なものを失う不安や寂しさ」とは無縁でいられる。
何ももたないその先には、もっと豊かな世界が開けているはず。